和歌山県がん・生殖医療ネットワーク - 妊よう性温存

将来子どもが欲しい若年がん患者さんのために

がん・生殖医療

がん・生殖医療とは?

がん治療の進歩により、以前よりもがんを克服することができるようになってきました。しかしながら、体内のがん細胞を攻撃して破壊する抗がん剤治療の影響により、無精子症や無月経、卵子の減少など生殖機能障害の副作用が生じます。
がんと診断された若い患者さんが子どもをもつ事ができるよう、がん治療後の将来を見据えて、事前に生殖医療によって患者さんの卵子や精子、胚(受精卵)、卵巣組織を凍結保存し、がん治療が一段落したあと妊娠・出産に臨めるよう妊娠する力を温存するのが、がん・生殖医療(妊よう性温存治療)です。

生殖機能障害の副作用がある「がん治療」の前に「妊よう性温存治療」で卵子・精子・胚(受精卵)を凍結保存

がん・生殖医療の流れ

がん・生殖医療(妊よう性温存治療)の流れ